ナミアゲハ飼育日記②

みなさんこんにちは。前回に引き続き、ナミアゲハを卵から羽化までお世話をしています。今回、うれしいことに13匹(前回からさらに3匹増えました)の卵が無事孵化しました。

孵化した後は、庭から切り取ってきたキンカンの若葉が付いた枝に移動させます。

わかります?まだ一令幼虫なので、イモ虫なのかほこりなのかわからないくらいです。

餌になるキンカンの葉は、すぐに枯れないように枝の根元に濡れたティッシュを巻き付けます。そして、その上からアルミホイルを巻き付けます。

これからは、イモ虫の様子を見ながら葉っぱを換え、フンを掃除してあげます。

羽化まで3-4週間といったところ。

続きは後日。

ナミアゲハ飼育日記①

ことしもナミアゲハの飼育の時期が始まりました。我が家の庭には、キンカンの木があり、ここにいつもナミアゲハが卵を産んでいきます。

昨年も、四匹の越冬蛹を送り出し、ほっと一息ついていた4月下旬ん、一匹のナミアゲハがキンカンにおよそ10匹の卵たちを産みつけていきました。

我が家のキンカンは、アリや蜂、鳥などの天敵が多く、そのままではほとんどが全滅してしまうので、卵の段階から保護してあげています。

卵はこうやって一枚ずつ仕切ったケースに安置して孵化をまちます。

孵化した幼虫は、若葉を枝ごときりとりそこで育てます。

今、我が家には孵化をまつ卵6個、孵化した幼虫が4匹、元気に暮らしています。

ちなみに我が家は品川区の住宅街のど真ん中!!こんなところでも自然を身近に感じることができます。

続編をお楽しみに!!